異文化に接する絶好の機会|テープ起こしの料金をチェック|低価格でも上質な仕上がり

テープ起こしの料金をチェック|低価格でも上質な仕上がり

婦人

異文化に接する絶好の機会

女の人

翻訳の基礎

翻訳代行とは、依頼者の指示に従って、できるだけ忠実にかつ分かりやすく言語の翻訳を代行する業務である。翻訳代行には様々な種類があり、短いコラムを訳すものから、外国語に対応するためのウェブサイトの翻訳、製品のマニュアル、見積もりや契約書の作成などが、対象となる。例えばカジュアルな内容の文章であれば、翻訳する言語の背景にある文化や生活水準などを考慮して表現するのが望ましい場合もある。ウェブサイトの翻訳や製品マニュアルに関しても、そのまま直訳するだけでは、とても違和感が残り、相手の誤解を招いてしまう可能性もある。そのため、前述のように翻訳代行には当事国または相手の言語に即した内容が求められ、さらに原文に忠実でなければならないであろう。必ずしもネイティブレベルでマルチリンガルである必要は無いが、可能な限り間分または表現者の意図を組むことが大切だと言える。それらがまずは翻訳代行の基礎である。

翻訳の限界

前段で原文の文化や生活水準ないし背景をくんで翻訳する必要があると述べたが、それらには限界があることも確かである。どの程度の翻訳が求められるかは、依頼者の要求レベルによるものであり、翻訳代行に完璧な内容を求めるのは、おのずと限界がある。つまり文章その他の内容のレベルによっては相互に妥協も必要であろう。例えば専門用語が連続する内容の文章などは同じ意味の単語でも使い分ける必要があり、それは文章のシチュエーションによる。翻訳には限界があるというのはそのことを指しており、基礎的な外国語の知識は当然に要求される。基礎の部分においてスペルミス等は文章の正確性を下げるものであるから、翻訳者は1人に頼らず複数人でダブルチェックを行うことが望ましい。